合宿免許空き 

合宿免許のメリット

合宿免許とは、自動車教習所や自動車学校などの場所で短期集中的に合宿しながら免許を取る宿泊タイプの教習システムです。

 

特に過疎地の教習所などでは、地元の活性化に役立っていることが多く、合宿免許利用者も運転免許を取得しながら観光出来たり温泉地めぐりが出来たりとメリットが多いシステムです。

 

 

 

合宿免許のシステム

 

合宿免許とは、短期集中で連日教習を受けながら卒業を目指す宿泊型の教習システムです。

 

入校から卒業までカリキュラムがスケジュール化されており、効率よく教習を受けることができるので、短期間で免許を取得したい人にはとっても魅力があります。

 

合宿免許は、卒業までの教習費用に「宿泊費」+「食費」+「交通費」がセットになった、格安パック料金です。

 

短期集中 最短14泊15日

 

最短で合宿免許先を卒業できるシステムが確立されています。

 

AT車の場合は14泊15日で、MT車の場合は16泊17日の最短で卒業できます。

 

格安料金

 

卒業までの教習費用に「宿泊費」+「食費」+「交通費」コミコミの格安パック料金があります。
通学免許と比べても、10万は安くなってます。

 

 

いろいろ選べる宿泊プラン

 

 

合宿先の宿泊は校舎の敷地内に建てられた宿舎だけではありません。

 

旅館・アパート・ホテルなどの宿舎タイプとシングルルームやツインルームなど部屋タイプを組み合わせて選ぶことができます。

 

お得な特別プラン

 

最低価格保証をしている合宿免許があります。
他社より高ければ同額までに値引きするという合宿免許もあります。

 

合宿免許ドリーム

 

 

 

 

 

 

通学免許とどう違うの?

合宿免許の教習所は、公安委員会指定の教習所です。

 

技能最短時限数や学科・検定など教習の進め方は通学性の自動車学校と同じです。

 

通学の場合は、次の予約が、技能教習の混み具合や学科スケジュールなど、
自動車学校や教習所の都合にあわせて取らないといけないので、
卒業までの日数が多く掛かる場合があります。

 

 

 

通学の自動車学校の中には技能教習の予約を教習生自身が手配するなどと、面倒な場合もあります。

 

とくに繁忙時期は、技能教習の予約が思うように取れなくなり、入校はしたけれど、卒業まで数ヶ月かかるなど、かなりの日数を要する場合もあります。

 

それに対し、合宿免許は入校〜卒業までのカリキュラムを予めご用意しておりますので、それに従い教習を進めることができます。

 

合宿免許とはいえども、通学制と同様に個人差により卒業までの日数が延長される場合があります。
延長時は追加料金不要なプラン(卒業保障プランなど)も用意されているために、安心して教習を受けられるのも合宿免許の大きな特徴です。

合宿先の特別な楽しみ

合宿免許先は日本全国いろいろな土地で実施されています。

 

地方ならではの温泉や観光・イベントなども大きな楽しみの一つです。

 

温泉の入湯券がプレゼントされたり、酸説得ルースの無料招待券をもらえたり、観光ツアーを選べたりします。

 

このようなプレゼント付きでも価格は、交通費+宿泊費+教習費が込になってます。

 

注:交通費については全額支給される合宿先や半額だけ支給される合宿先があります。

 

詳しくは、

 

合宿免許ドリーム

 

 

合宿免許受付センター